ソフトウェア連携アップロードサービス

ワンタッチソフトサーバサービス

使い方

ワンタッチソフトサーバサービスを使う場合は、ソフトウェアにアクセス設定情報を設定する必要があります。詳しくはアクセスキーとアクセストークンの確認方法をご覧ください。

Twitter連携の使い方

「窓フォト」から、ワンタッチソフトサーバサービスを介してTwitterへ直接投稿することができます。その準備のために、一回だけワンタッチソフトサーバサービス側で以下の設定を行う必要があります。

Twitterアカウントとワンタッチソフトサーバサービスアカウントを連携する

ワンタッチソフトサーバサービスのアカウントを作成してログインし、左側の「アカウント設定」メニューをクリックします。

アカウント設定ページ内の「Twitterと連携する」をクリックします。

Twitterのページが開きますので、「連携アプリを認証」をクリックします。

アカウント設定ページに戻りますので、連携済みと表示されていたら完了です。

ファイルアップロードの使い方

ワンタッチソフトサーバサービスの基本的な使い方を説明します。

アップロードは連携ソフトから

ワンタッチソフトサーバサービスへのファイルアップロードは連携ソフトからのみ行なえます。現在、「窓フォト」と「ワンタッチソフトサーバサービスクライアント」の2つのソフトウェアが連携ソフトとして公開されています。

連携ソフトは今後も増やしていく予定です。

アップロードは今のところ画像ファイルだけ

ワンタッチソフトサーバサービスにアップロードできるファイルは、2016年11月現在、JPG、PNG、GIF、BMPの画像のみです。今後、これ以外のテキストファイルなどにも順次対応し、いろいろな用途で使用できるようにしていきます。

たとえば、テキストのアップロードに対応すれば、クリップボード共有ソフトなどとの連携ができるかもしれません。

アップロードファイルの管理は「アップロードマネージャ」から

ワンタッチソフトサーバサービスにログインすると、左のメニューに「アップロードマネージャ」へのリンクが表示されます。アップロードされた画像は全てここに表示され、管理できます。

画像の非公開設定と公開設定

アップロードマネージャには、画像を開くためのリンクが表示されています。非公開画像であれば、このリンクへアクセスできるのは画像の所有者本人だけです。他の人はアクセスしてもエラーになります。

公開設定を行うと、このリンクへアクセスした全員が画像を見られるようになります。

削除した画像はごみ箱に入る

アップロードマネージャから「削除」した画像はごみ箱に入ります。ごみ箱の画像はかんたんにアップロードマネージャへ復元できます。

現在ワンタッチソフトでは、ごみ箱に入った画像の扱いについて、定期的に自動削除するようにするか、ユーザ自身で削除するようにするかを検討中で、近日中にいずれかの機能を実装します。